FC2ブログ

BLUE BLOOD

さて、youtubeでX(X JAPAN)のベース動画を
アップしていることが多いですが、そのXの
メジャーデビューアルバム「BLUE BLOOD」が
発売されて30周年になるそうです。

そんなに前のことか…とよくよく考えてみると、
僕がベースを始めてからも30年になる、ということに
気づきました(笑)。

これまでの30年間には、何年かブランクも
ありましたが、いずれにしてもここまで辞めずに
続けているということは、
やっぱりベース好きなんでしょうね。

自分にとってベースや音楽に関わる大きな出来事は、
会社辞めて音楽(バンド活動)に専念したことですね。

当時、ベースでどうこうなりたいという考えは
全く無くて、バンドのベーシストとしてバンドで
やっていきたい、って思ってました。

結局、どうにもなりませんでしたけど、
仕事を続けていたら出会えなかったであろう人達と
関わったり、いろんな土地でライブやったり、
経験したことは数多くあったので、
後悔どころか良き選択だったと思っています。
(また機会があれば、そういったことも話せればと
思います。)

話しを戻すと「BLUE BLOOD」(曲のほう)は、
ベースを始めて半年後くらいに弾いてみようと思って
取り組んだのですが、当時は、1小節目から全くあの
スピードにもついていけずスピードを落としても
弾けなかったですね。

何とかルート弾きで曲が弾けるようになってきた頃
でしたが、「これベースのフレーズなん?」と衝撃を
受けました。

ただ、どうしても弾けるようになりたいと思ったので
1ヶ月くらいは、学校から帰ってきて1日に2~3時間
この曲だけを練習していた記憶があります。

今またこうやって何十年ぶりに弾いて、
動画にするとは全く当時は思ってもみませんでした。
(そもそもインターネットなんて無い時代でしたが)

今後も、いろんなバンドの曲やオリジナル曲の音源や
動画をアップしていくと思いますが、Xに関しては
ご要望も多いので公開していきたいと思います。

X(X JAPAN) BLUE BLOOD Bass Cover

スポンサーサイト



Xclamation

エノモトです。
久々のブログです。

今回こそは定期的に継続して書くようにしたいなぁと
思っています。

動画でも何でもそうだけど、
継続することが何より大切かなぁ、と。

ベースを辞めようと思ったこともあったけど、
あるきっかけでkillerベースを手に入れて、
動画をアップして、幸いなことに自分が思っていたより
多くの方に観てもらって…今は辞めないでよかったと思ってます。

さて、今日は先日アップしたX(X JAPAN)のXclamation bass coverに

ついて書きたいと思います。

この曲をきちんと演奏するのは実は初めてなんですよね。

TAIJIさんのスラップ

(当時はチョッパーっていうのが一般的だったかな)

ベースが印象的なカッコいい曲です。

ベースは基本的に同じフレーズの繰り返しですが、

タイミング合わせてハンマリングで弾くのが難しい曲です。

テンポも速めですしね。

エンディング部のハーモニクスを入れるフレーズも

当時のTAIJIさんらしいフレーズだと思います。

今回は、ほぼ原曲に近い形で弾いているので、

ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

シャルル・リシャール=アムランさん

こんにちは、エノモトです。
ご無沙汰してしまいました。

当初はもう少し頻繁に更新する予定だったのですが、
早速滞っております(苦笑)。

今後はもう少し更新頻度を上げたいと思いますので、
引き続き見に来て頂ければ幸いです。

facebook には書きましたが、
先日ピアニストのシャルル・リシャール=アムラン
さんのコンサートに行ってきました。

アムランさんは、2015年ショパン国際ピアノ・
コンクール第2位入賞のカナダ出身のピアニストで、
前から気になっていたピアニストです。

リズムやタイム感、抑揚の付け方などが素晴らしか
ったです。
感動しましたよ。
アンコールは3回も演奏してくれました。



僕がピアノって意外に思われるかもしれませんが、
実は幼稚園の頃、ピアノがやりたいと親に言った
ことがあるんですよね。

「ピアノはみんなやってるからエレクトーンに
しなさい」と言われエレクトーンをすることに
なりましたが…。

当時は、楽器(鍵盤)ができるってだけで嬉しか
ったなぁ。よく考えたら、中学生の頃以外は
ずっと何らかの楽器が自分の近くにありますね。

Soundtrade ジャズベース

今回は、僕がメインで使用しているベースの紹介したいと思います。

soundtradeというブランドのジャズベースなのですが、
このベースを手にいれたのは、今から17~18年くらい前で、
大阪・梅田にあるBTLというベース専門店で購入しました。

セミオーダー的なベースなのですが、
店長さんが所有していたsoundtradeベースを弾かせてもらったところ
弾きやすくて、すごく音がヌケるので「同じものが欲しい!」と思い、即購入しました。
ボディ色以外は、ほぼ同仕様にしてもらったと思います。
ポジションマークが無いのがポイントですね。
(ちなみに、このときMusicmanのsterlingというベースを売却しました。)

このベースは、ライブハウスのPA担当の人からも評判が良く、
「いいベースなんだから、アンプシュミレータの音配分下げたら?
それ通すと、みんなその音になっちゃうし、もったいないよ。」と言われ
「それもそうだなぁ。」と思い、結局それ以来アンプシュミレーターは、
取り外してしまい、今も使用していないです。
(基本歪ませたベースが好きなので、FulltoneのBass Driveをプリアンプ的に使用しています。)

脱サラして、音楽活動に専念していた頃から使ってきたベースなので、
思い出満載です。

このベースを使用して最近作成した動画がありますので、
よかったらご覧ください。
Muse - Hysteria bass cover

90sec Instrumental Rock03

4月に入り、まだスーツが馴染んでいない若い人達を見ると
「初々しいなぁ」「頑張って!」と思ってしまいます。
うーん、すっかりおじさんですね(苦笑)。

さて、今回は過去に作った曲をご紹介したいと思います。

「90sec Instrumental Rock03」という曲です。
当時、90秒くらいでいろんなインスト曲を作ってみようと
何曲か作ったうちの1曲です。

ギターとベースは僕が演奏していて、あとは打ち込みです。
ポストロックシューゲイザーみたいな感じでしょうか。

いつかアレンジして再録したいと思っています。
もっと幻想的できらびやかで轟音な感じにしてね。
バンドでできたらいいなぁー、とも思ってもいますが。。。